【岩手遠征7月報告その4】

スクリーンショット 2016-08-24 22.29.54

7月17日。
遠征3日目。

いよいよ更木夏まつり開催日です。
生憎の天気予報で前日のうちに開催場所が「更木小学校体育館」に変更になっていました。

雨はそれほどのことはありませんでしたが、
屋内開催ということで、逆に夏の炎天下での開催ではなく、
ご参加の皆さんもゆっくりと体育館での開催を楽しまれておりました。

更木幼稚園児たちによる子供神楽はとてもめんこくて。

午前の部の餅まきタイムには人気者そばっち達ゆるキャラが登場。
更木の桑茶音頭があったり、
南部流更木鹿踊りや専修大学北上高校 郷土芸能部による演舞。
地元に根ざした芸能文化はこうして大切に受け継がれているのですねぇ。

そしてウタカラユニットライブ。
ラストの「さらきの里」で小学生たちが振り付け入りで大きな声で歌って盛り上げてくれました。
後日、北上ケーブルテレビの情報番組で紹介されていた子どもたちのコメントで
「地元の地名が入っていて大好き!」と歌詞をサラサラっと口にしてくれているシーンを見て
作者冥利につき、ジーンとしてしまいました。

以前にもご紹介しましたが、このイベントは翌日の岩手日報、岩手日日新聞に掲載されました。
『新しい地域の歌 児童元気に合唱』
https://www.facebook.com/tioch1491/photos/a.380657335435831.1073741828.375623489272549/646335912201304/?type=3&theater
『地域への思い歌に乗せ』
https://www.facebook.com/tioch1491/photos/a.380657335435831.1073741828.375623489272549/646837558817806/?type=3&theater

夏まつり終了後は改めて、
「さらきの里」に出てくる「コウホネ群生地」の見学をして
今日一日の締めになりました。

・・・続く。。

 

広告
カテゴリー: 岩手遠征 タグ: , , , , パーマリンク